ローベッドのメリットとデメリット!おしゃれでカッコイイベッド

おしゃれでスタイリッシュなローベッドが気になっていませんか。ローベッドとは、マットレスまでの高さが低いベッドですが、「フロアベッド」と混同しがちでどちらも同じ?と思われがちですが、「高さが低い」という点でだけで、他は全く違うものです。

ここでは、「ローベッド」と「フロアベッド」の違いと、ローベッドのメリット・デメリットについて考えていきたいと思います。

 

1.ローベッドとフロアベッドはここが違う

ローベッドもフロアベッドも一般的なベッドと比較すると「高さが低い」という共通点があります。しかしこの低いという共通点でも違いがあるのです。
ローベッドは脚があり、フロアベッドは脚がありません。ここがポイントで脚がないフロアベッドは、ローベッドよりも更に低く、ベッドのフレームを床にベタっと置くのでより低さが協調されます。

それに比べるとローベッドは脚があるので、脚の長さにもよりますが、床とベッドフレームの間に「空間」があります。ここで何が違うのか表でまとめてみたいと思います。

ベッドのタイプ 脚がある/なし 通気性が良い/悪い 価格が高い/安い
ローベッド ある 良い 高め
フロアベッド なし 悪い 安い

ローベッドは、フロアベッドよりも使われている部材が多いので価格も若干高くなっています。どちらもスタイリッシュで、おしゃれなベッドですが、高級感はローベッドの方があります。

  • フロアベッドのメリット・デメリットについてはこちら記事もご覧下さい。

フロアベッドの知っておきたい5つのメリット・3つのデメリット

2017.02.02

 

2.ローベッドのメリット

ローベッドは一般的なベッドよりも「低くく」スタイリッシュなデザインがおしゃれで、新婚夫婦や若い世代に人気があるベッドです。ローベッドではステージタイプのフレーム仕様のものならさらに高級感とおしゃれ感が増します。

ムードを大切にしたいカップルさん、新婚さんにおすすめです。しかしそんなおしゃれでかっこいいベッドにも、弱点はあります。ローベッドが気になる方は、メリットとデメリットも理解して選ぶようにしましょう。

  • ローベッドのメリットはこの5つ
  1. スタイリッシュ
  2. 部屋が広く見える
  3. 子供に安心
  4. 通気性がよい
  5. 布団で寝れる

5つのメリットをそれぞれ詳しく見ていきましょう。

 

2-1.スタイリッシュ

ローベッドの魅力はなんと言っても「デザイン」です。スタイリッシュなデザインに一目ぼれしてローベッドを選ぶ方も少なくないでしょう。低くドンと構えたロースタイル、脚があることでよりスタイリッシュに見えるデザインは、一目ぼれしてしまう魅力があります。

ステージタイプのフレーム仕様のローベッドなら、さらにスタイリッシュでおしゃれなデザインが楽しめます。

 

2-2.部屋が広く見える

ロースタイルのベッドには、部屋を広く見せる効果があります。アパートやマンション、新築の家でも、家具を置く前の部屋はとても広く感じますよね。それは目線を遮るものがないからです。
ベッドや他の家具も同じで、高さが低いロースタイルにすることで、「目線を遮ることがない」効果が生まれ広く感じます。逆に目の前に高さがある家具を置くと圧迫感を感じます。

これがローベッドの特徴で、部屋を開放的(広く見える効果)な部屋にできるのです。

ベッドをロータイプにするなら、他の家具もロースタイルのものを選ぶとより、広い空間を感じることができます。高さの統一は、部屋をコーディネイトする一つのテクニックでもあります。

 

2-3.子供に安心

ローベッドは一般的なベッドと比較すると、高さが低いので「子供との添い寝」や、「家族全員で寝るベッド」、「子供部屋に使うベッド」として使う場合、子供が万が一ベッドから“転落”するようなことがあっても、高さが低いので安心です。

安心度で言えばローベッドよりもさらに高さが低い「フロアベッド」のようがより安心です。

 

2-4.通気性がよい

一般的に低いスタイルのベッドは、床面とベッドフレームの間の隙間(空間)が少なく通気性が悪い傾向にありますが、脚のあるローベッドは違います。4本の脚のみでベッドフレームを支えることで、風の流れ道を確保することができます。さらにローベッドの多くは、床板に「すのこ」を使っているので通気性は抜群です。

収納ベッドやフロアベッドと比較した場合、ローベッドは湿気がたまりにくい構造なので、カビが生えるのを抑えることができます。

いくら通気性がよくても全くカビが生えないということではありません。すのこを使ったローベッドも定期的にベッド下の掃除をして清潔に保ち、また窓を開けて空気の入れ替え(換気)をして、湿気を逃がしましょう。たまにはマットレスを上げ、壁に立てかけて、マットレスを干してあげましょう。

 

2-5.敷布団で寝れる

ローベッドの多くは「すのこ」を使っているので、通気性がよく布団を敷いて寝ることもできます。マットレスが苦手な方や、子供と一緒に寝る場合、子供のおねしょ等の睡眠時の汚れが気になる方は、簡単に干す、買い替えられる布団がおすすめです。
また今、使っている布団をそのまま使えるのもメリットですね。

フレームのみで販売されているベッドも多いので、敷布団で寝る方は、マットレスが付かないフレームのみのベッドをおすすめします。購入価格も安く抑えられるのでダブルのメリットがあります。

 

3.ローベッドのデメリット

ローベッドのメリットは「低いスタイル」ですが、この低いが弱点となる部分があります。そのデメリットもしっかり理解してベッドを購入しないと後で後悔することにも考えられます。ベッドを選ぶときは、メリットよりもデメリットを理解して選ぶ必要があります

デメリットのない完璧なベッドはありません。どのようなタイプも少なからずデメリットがあるものです、ベッドがもつ弱点といかにうまく付き合えるかがベッド選びの基本です。
  • ローベッドのデメリットはこの4つ
  1. 起き上がりにくい
  2. 収納スペースがない
  3. 掃除がしにくい
  4. ハウスダストの影響がある

デメリットはベッドを選ぶ時に特に注目したいところです。この4つを見ていきましょう。

 

3-1.起き上がりにくい

高さの低いベッドは起き上がりが大変です。若くて元気な人なら問題ない起き上がりも、高齢者で体が弱ってきた方には、低い位置からの起き上りがはとてもつらいものです。
特に腰痛やひざ痛もちの方、起き上がる時に、腰や膝関節の力が必要となる高さの低いローベッドはおすすめできません。

若い人なら大丈夫なローベッドも高齢者の方には起き上がるのが大変に感じます。高齢者や腰痛、ひざ痛持ちの方には腰かけるのがちょうどよい高さのベッドをおすすめします。

つらい膝痛!高さ調整ができる畳ベッドがおすすめ

2017.02.09

 

3-2.収納スペースがない

ローベッドは、高さが低いためフレームの下に、収納引き出しや、荷物を収納スペースがありません。ベッドの下のデッドスペースを有効に使いたい方には向かないベッドです。

荷物を収納するスペースと引き換えに、スタイリッシュでおしゃれなデザインのベッドを手に入れることができます。収納かデザインかどちらを取るかは使う人次第です。

収納ベッドの選び方!3タイプの収納ベッドのメリット・デメリットを徹底比較

2017.03.03

 

3-3.掃除がしにくい

ベッドのフレームと床に空間(隙間)がないとどうしても掃除がしにくくなります。清掃用具(掃除機)がベッドフレームの下に入らないので、マットレスを上げ、さらにすのこ床を上げて掃除することになります。ただ脚が付いたローベッドは、掃除機のような大きなものは入りませんが、ハンドクリーナーのような平たい掃除用具なら入るのでこまめに掃除するといいですね。

普段はハンドクリーナーなどで埃を取る掃除をして、2週間~1か月に1回程度、マットレスとすのこ床を上げて、ベッド下を掃除することで清潔に保つことができます。掃除の頻度は高いほど効果があります。

 

3-4.ハウスダストの影響がある

ハウスダストは、埃だけでなく、ダニの死骸や人の髪の毛、寝具や洋服などの繊維のくず、花粉、カビなどいろいろなものをいいますが、そのハウスダストが最も多いと言われるのが床から30cmまでの範囲です。床に近いほど「ハウスダストの影響」を受けるということになります。
ローベッドは低いので、床に近い位置で寝ることになり、ハウスダストが多い場所で寝ているということになります。

フロアベッドほど低くはないローベッドですが、それでも床に近いのに違いはありません。

ハウスダストは、目にはほとんど見えないほど小さなものです。こんな経験はありませんか?部屋に太陽の光が入り、細かなホコリのうようなものが見えた経験。そうそれがハウスダストの正体です。
普段はなかなか肉眼で見ることができないハウスダストは、人が通るだけで空気中に舞い上がる細かなものです。

ハウスダストが体内に入ることでぜんそくの原因になることがあります。ダニやカビは人体に悪影響を及ぼします。

ハウスダストは掃除をすることで多くを取り除くことができます。月1回よりも、週1回、週1回よりも毎日と、掃除の頻度が多いほど、ハウスダストを減らすことができます。

ハウスダストが多い場所、1位は床、2位は背の低いテレビなどの家電、他には、テレビボード、ローボードなど。この低い位置に8割のハウスダストがあると言われています。ここを集中的に掃除すれば8割のハウスダストを除去できると言うことになります。

定期的な掃除で部屋を綺麗に保つことで、ローベッドも子供や赤ちゃんでも安心して使えるようになります。

 

4.まとめ

ローベッドは、「スタイリッシュ」、「おしゃれ」、「デザインがいい」、「子供に安心(転落)」、「部屋が広く見える」などのメリットがある反面、「起き上がりにくい」、「ハウスダストが多い位置で寝ることになる」などのデメリットがあることも分かりました。

デメリットを理解して使える方なら、これほどおしゃれで、素敵なベッドは他にないと思います。特に新婚夫婦でおしれな寝室にこだわる方、狭い部屋や、家族全員がベッドで「川に字」になって寝たいと思う方におすすめしたいベッドです。
部屋を広く見せる効果は、実物を置くとより実感できるベッドです。

ベッドの通販ならこのショップがおすすめ!
ベッドの通販専門店セレクト.shop

このショップは豊富な商品在庫を取り揃えたベッドの専門店で選ぶのが楽しくなるショップです。ほとんどの商品が「送料無料」で高品質、低価格でよりよい商品をお客様にお届けするをコンセプトにしたお店です。