新社会人男性が一人暮らしを始めるときに選ぶ かっこいいベッド おすすめ5選

社会人となり働く男性が一人暮らしを始めるとき生活用品や家具を揃えなくてはなりません。ベッドもその1つです。しかし初めての一人暮らし何を基準にベッドを選べばいいのだろうと悩みませんか。

ここでは実際に一人暮らしの男性が選ぶベッドのポイントとおすすめのベッドを紹介しています。

1.社会人の一人暮らし

社会人の一人暮らしならワンルームもしくは1Kに住む人が多いのでないでしょうか。部屋の契約、家具や家電の購入と初めての一人暮らしにはけっこうな予算が必要となります。家具にしろ、家電にしろできるだけ予算をかけないですめばそれにこしたことはありません。

さらに男性が一人暮らしをする場合、不慣れなことも自分一人でする必要があり戸惑うことも少なからずあります。部屋も片付けが苦手な人なら物が散乱した部屋になってしまいます。

一人暮らしが初めての新社会人さんが予算を少なく生活しやすいベッド選びを考えていきます。

 

2.一人暮らしのよくある問題点

仕事をする社会人男性が一人暮らしをするときによくある問題点を考えてみたいと思います。住まいはワンルームもしくは1Kを想定して考えた場合、まず一番に思い浮かぶのは部屋のスペースが狭い。

特に新社会人の場合、住まいに掛けられる予算が少なく家賃を抑えたいと思う人が多いと思います。家賃がそれなりなら部屋もスペースが狭い物件が多いのが現状です。となると部屋とキッチンに仕切りのないワンルームを選ぶ人が多いかも知れませんね。実際に部屋として使える大きさは広くて8畳、通常で6畳前後、狭いと4畳半程度となります。

生活がしやすいこととを考えた場合出てくるのが、狭いスペースの部屋でよくある2つの問題点。

  1. 収納が少ない
  2. 圧迫感を感じる

 

2-1.収納が少ない

ワンルームもしくは1Kに住んだ初めの頃はあまり気にならないことがある収納スペース。最初は必要最小限の荷物を準備して住み始めるので、余分なものがありません。例えば季節で入れ替える掛け布団や床に敷くラグマットなど。

洋服や家電などもその一つ。住んでいるうちにどんどん洋服や家電、大型の荷物などが増えていきます。長く住めば住むほど増えていく傾向にあるので、備付の収納があっと言う間に満杯。

もともとワンルームも1Kにしろ収納スペースはたいして容量がなく小さいのが現状です。

 

2-2.圧迫感を感じる

部屋のスペースが狭いとどうしても圧迫感を感じやすくなります。これは壁と壁の距離が近いので仕方ありません。しかし住まいの物件を見に行ったときは物が何も置いていないので、ガラーンとしていて狭さも圧迫感も感じません。

しかし実際に入居するときは必要な家具(ベッド、ソファー、テーブル、タンス、テレビ台)や家電(テレビ、オーディオ)を置きます。人によって置く家具や家電は違ってきますがいろいろなものを置くほど部屋の空スペースが少なくなり、狭く圧迫感を感じてしまします。

これは置く家具によっても違ってきます。例えば背が高い家具と低い家具を置いた場合では圧迫感が全く違ってきます。

床に座って生活するスタイルと椅子に座って生活するスタイルが全く違うように、ロースタイルの家具を置くと部屋が狭くても圧迫感をあまり感じません。逆にそこそこ広い部屋でも自分の目線くらいの高さのタンスのような家具で囲まれると圧迫感を感じてしまいます。

2つの問題点、収納がすくないこと、部屋に圧迫感を感じる。これをカバーできるベッドについて考えて行きたいと思います。

 

2.ベッド+付加価値を考える

一人暮らしでは、ベッドに予算をあまりかけたくない。こう思う人も多いと思います。ただ安いだけのベッドなら探せば1万円台からあります。

しかしいくら予算をかけたくない、安いベッドでいいとは言っても品祖なベッドや、生活する中で使い勝手の悪いベッド、あまりにも寝心地が良くないベッドは避けるべきです。

さすがに一生使えるような高価なベッドは必要ありませんが、それなりに丈夫で使い勝手がよいベッドをおすすめします。
一人暮らしではただ寝れたらいいベッドを選ぶ人、とにかくおしゃれなベッドを選ぶ人、荷物がしまえる実用を考えた収納ベッドを選ぶ人がいます。

新居に備付の収納がそこそこあるなら収納ベッドは必要ないでしょう。しかしワンルームのような限られたスペースの部屋では収納が少ないもしくは小さい物件が多いですね。

ベッドの付加価値を考えるなら狭い部屋のスペースでは荷物がしまえる収納ベッドがおすすめです。大きなベッドの下は大容量の空間があります。このスペースを使うか使わないかでは部屋が狭いほど大きな差がでてきます。

男性の場合、部屋の片づけが苦手な人が多いと思います。いつ友達や、彼女がきても大丈夫なように綺麗に片付いた部屋にしておきたいですね。

でも収納よりもおしゃれにこだわりたい人ならベッドも見た目デザイン重視で選ぶ人がいます。おしゃれなベッドにするのか、物がしまえる収納ベッドにするのか悩むところですね。

 

3-1.実用重視の収納ベッド

仕事で忙しい社会人男性の部屋は気付けば、ものがあふれ雑然とした部屋になってしまうことも。散らかった部屋よりも、綺麗に片付いた部屋の方が何かとメリットが多いので普段から片付ける癖をつけて、突然彼女や友達が来て慌てて散乱した荷物を収納に押し込むことがないようにしたいですね。

しかし生活していると大きな荷物だでなく、生活感のあるものも増えてきます。例えば小物なら腕時計、カメラ、雑誌、ゲーム機、ソフト、CDなどなど。言いかけたらキリがないくらいありますね。

大きなものなら掃除機、旅行カバン、季節の家電(扇風機、ファンヒーター)、健康器具、布団、ラグマット、鞄などがあります。

他にも若い男性ならファッションにも興味があると思います。洋服も生活していればどんどん増えまていき、当然のように備え付けのクローゼットや収納だけでは不足してきます。きっとすぐに一杯になることが予想できると思います。

となるとやっぱりベッド下の大きなデッドスペースは何も使わないのはもったいないですね。社会人男性のベッドに付加価値を考えるなら「収納ベッド」は最良のパートナーになるでしょう。

ただし一人暮らしの狭いスペースのワンルームもしくは1Kの場合、収納ベッドなら何でもいいかと言うとそうではありません。収納ベッドには3つのタイプがあります。部屋に合ったもの、しまいたいものに合った収納ベッドを選ぶことをおすすめします。

3タイプの収納ベッド詳細は↓↓をご参考にして下さい。

収納ベッドの選び方!3タイプの収納ベッドのメリット・デメリットを徹底比較

2017.03.03

 

3-2.見た目重視のおしゃれなベッド

初めての一人暮らしだから理想のカッコイイ部屋にしたい。若い男性ならそう思う人も多いと思います。実用的なものより見た目にこだわりたいと考えるのも分かります。

おしゃれなカッコイイベッドは探せばいくらでもあります。狭いスペースの部屋にベストマッチなフロアベッド、男性ならモダン系のベッド、色はブラック系、バイカラーなど男臭さが際立つカッコいいベッド、タイプならパイプベッド、ロフトベッドも人気があります。

しかし狭いスペースのワンルームまたは1Kでは、カッコイイベッド+付加価値を考えたベッド選びをしたいですね。見た目のデザインがかっこよくて実用性のあるベッドが理想です。

 

4.社会人男性におすすめ!かっこいいベッドはこれ

初めての一人暮らしをする男性に使い勝手がよいベッドを厳選して紹介します。「価格がリーズナブルで丈夫」、「ベッド+付加価値」をテーマに選んでみました。

男性の一人用としてちょうどいいベッドの条件はこの5つ

  1. シングルorセミダブルサイズが選べる
  2. 収納が付いている
  3. 価格がリーズナブル
  4. フレームのみも選べる
  5. シンプルorカッコいいベッド

この5つの条件に当てはまる新社会人におすすめのベッドを紹介していきます。

 

4-1.大容量収納ヘッドレス

大容量収納ベッドOSV

一見すると箱?と思うような超シンプルなベッド。すっきり見えるのは一般的によくあるベッドのヘッドボードや棚がありません。箱の上にマットレスを載せただけのようなシンプルベッド。

このベッドの特徴は大容量の収納スペースがあること。狭いスペースの部屋に置いたときに差がでるヘッドボードがない省スペース仕様。寝るスペースはそのままでベッドフレームが短くなったワンルームに最適な収納ベッドです。

もう一つのおすすめが収納ベッドとしてはとても価格が安いこと。これは跳ね上げ式のように高価な部材を使わないシンプル構造だからとてもリーズナブル。

仕切りがないので自由にアレンジして大きな荷物から小物までしまうことができる大容量収納ベッドです。

飾らないシンプルさが大人の男部屋にベストマッチ。余計なものは不要と言い切るメンズにおすすめしたいベッドです。

すっきりベッドボードがない大容量収納庫付きすのこベッド 【O・S・V】オーエスブイ

 

4-2.チェストベッドヘッドレス

こちらもシンプルに見えるヘッドボードがない収納ベッド。スペースが少ない部屋向けに販売されているチェストベッドは5つの引き出し収納がポイント。

細かく整理整頓したい人向けです。例えばよく使う洋服はこの引き出し、下着はここ、時計やカメラなどの小物はここ。そんな使い方ができるのがチェストベッドのメリットです。

さらに引き出し収納の反対側には大きな荷物、旅行カバンや布団、ラグマットなどをしまえる便利さが人気です。

おしゃれな男性はファッションにもこだわりがあります。衣類もたくさんあってしまう場所が足りないと困るでしょう。社会人となって自由な一人暮らし、カッコイイ男には欠かせない、カッコいい部屋は整理整頓された綺麗に片付いた部屋が必須です。

チェストベッドの大小大きさ違いの収納スペースがデキルメンズの最高のアイテムです。

ヘッドボードレス チェストベッド【Dixy】ディクシー

 

4-3.バイカラー収納付きベッド

モノトーンのバイカラーがカッコよさを求めるメンズにドンピシャ!ブラックは高級感、ホワイトはスタイリッシュさを強調。個性的なベッドカラーが、これぞ若者というデザイン。

単色カラーにはないバイカラーのエッジ使いが斬新。

収納ベッドもデザインがいいとスタイリッシュで生活感を感じさせないベッドフレームが一人暮らしの男にベストマッチ。2杯の引き出し収納の取り付けは左右どちらでもOK、狭い部屋でもレイアウトに困らない。

モノトーン・バイカラー_棚・コンセント付き収納ベッド【Fouster】フースター

 

4-4.モノクロ収納付きベッド

白か黒かホワイトかブラックか!どっちを選ぶ。狭い部屋を明るく見せたい、圧迫感を軽減したいと思うメンズにはホワイトカラーがおすすめ。清潔感の白色で爽やかメンズ。

高級感なら迷わずブラックを選択。モダンな印象の収納付きベッドで大人の男臭い部屋を演出するのもあり。

シンプルでカッコイイ収納ベッドでクール&モダンな部屋を目指そう。収納スペースの反対側(空スペース)は市販のお好きな収納BOXを入れて使うこともできます。

スタイルと機能性を両立させた収納付きベッドはおしやれな部屋にこだわるメンズにおすすめ。

モノクロ 棚・コンセント付き収納ベッド VEGA ヴェガ

 

4-5.モダンライト付き収納ベッド

ヘッドボードの横に付いたモダンライトがムードある空間を演出してくれる大人のベッド。新社会人として大人の男性になる瞬間、親元を離れ一人暮らしを始めるメンズ。

まるでホテルにいるかのようなベッドフレームのカラーは2色。木目模様のある落ち着いたブラックカラーとモダンライトが大人の夜をムーディーに演出。

ウォルナットブラウンは高級感の中にも温かみを感じさせてくれる色合いがカッコいいカラーです。

おしゃれなモダンライトが付いたCozy Moonは収納ベッドにありがちな生活感を感じさせません。生活感のあるもの(雑誌やリネン類)収納にしまうことでカッコいい生活ライフを送れます。

スリムモダンライト付き収納ベッド【Cozy Moon】コージームーン

 

5.まとめ

社会人となり一人暮らしを始めるメンズの部屋には、寝るだけのベッドでなく付加価値のあるベッドが便利です。ワンルームのいうな狭い部屋では圧迫感を感じさないシンプルなベッドを選びたいですね。

ものがしまえる利便性の高い収納ベッドは、値段が高い、圧迫感を感じるものが多い傾向にありますが、ここで紹介した大容量収納ベッドは余分なものを排除したヘッドボードのないシンプルな収納ベッド。
価格が安い、狭いスペースにちょうどいい全長が短いサイズ、すっきりした印象で圧迫感を抑えたシンプルベッドです。

また引き出し付き収納は高さが低くスタイリッシュなデザインで若い男性にピッタリのお洒落でカッコイイ収納ベッドです。

初めての一人暮らしだからこそ理想のカッコイイ部屋で生活を送りたいですね。

ベッドの通販ならこのショップがおすすめ!
ベッドの通販専門店セレクト.shop

このショップは豊富な商品在庫を取り揃えたベッドの専門店で選ぶのが楽しくなるショップです。ほとんどの商品が「送料無料」で高品質、低価格でよりよい商品をお客様にお届けするをコンセプトにしたお店です。