収納ベッドの選び方!3タイプの収納ベッドのメリット・デメリットを徹底比較

収納ベッドはタンスや押し入れが少ないワンルーム、マンション、それなりに収納がある一戸建でも重宝します。住んでいると、どんどん荷物は増えてきます。時には思い切った断捨離も必要です。とはいえ愛着のあるものはなかなか捨てられるものではありません。

荷物がたくさん入る収納ベッドが気になるけど、どんな収納ベッドを選べばいいのか悩んでいませんか。
ここでは3タイプの代表的な収納ベッドの選び方を特徴やメリット・デメリットと部屋や住まいの環境に合わせたおすすめを紹介しています。

スポンサーリンク

1.収納ベッドとは

収納ベッドとは、文字通り「収納ができるベッド」ですが、部屋にある押し入れや、クローゼット、タンスの一部分の役割をしてくれるベッドです。一部分と言ってもベッドの下は大容量のスペースで、初めて収納ベッドを使う方なら、大量に入るその収納力に驚く方もいるでしょう。

収納ベッドに入れるものは大型の荷物、季節の家電、スーツケースも、カーペットなどの長尺ものまで収納できるので、一度使うと手放せない便利さを実感します。ワンルームなど収納が少ない部屋だけでなく、家族の多いご家庭でも重宝します。

大きな荷物から小物まで引き出しや蓋を開ければ簡単に整理整頓できるのが特徴のベッドです。ベッドの中でも1、2を争う人気商品です。

 

2.収納ベッドの3タイプ選び方

収納ベッドは大きく分類すると3つのタイプがあります。3タイプあるには理由があり、それぞれの収納ベッドがもつメリットを最大限に活かした使い方、部屋の間取りやスペースに合ったものを選ぶと、とても“役に立つこと間違いなし”と言えるほどの魅力があります。

しかし収納ベッドの特徴、例えば引き出しタイプの収納ベッドには当たり前のことですが、引き出しを手前に出すスペースが必要です。跳ね上げ式収納ベッドはマットレスが交換できない。このようにそれぞれの収納ベッドのメリット・デメリットを知らず購入すると後悔することもあります。

引き出しを手前に出すスペースが必要。この当たり前のようなことが意外と購入前は気付かないこともあります。
実際に私が失敗したのが引き出し付き収納ベッドを購入し寝室に置いてから、引き出しの半分ヘッドボード側が使えないことに気付きました。

これは片側に鏡台、反対側はクローゼットの開閉スペースが必要だったためです。結果、今ではほとんど収納は意味がないものになっています。収納ベッドの欠点を知らず購入した結果の後悔です。

収納ベッドの特徴やメリット・デメリットを知ることでこのような失敗は防げますので、よく考えてからどのタイプが自分の部屋や寝室に合うのか考えて選びたいですね。

対象となる収納ベッドはこの3タイプ

  1. 跳ね上げ式収納ベッド
  2. 引き出し付き収納ベッド
  3. チェストベッド

それでは、3タイプの収納ベッドの特徴とメリット・デメリットを見ていきましょう。

 

3.ガス圧式跳ね上げ式収納ベッド

ガス圧式跳ね上げ収納ベッドは、ガス圧の力を利用したシリンダーが付いているため、女性だけでなく子供でも簡単に開閉ができるから何かと荷物の多い子供部屋、夫婦の寝室に置いても重宝します。横開きと縦開きタイプがあるので部屋のレイアウトに合わせて選べます。

収納ベッドの中では、「収納力はピカイチ!」大きな荷物がたくさんなら跳ね上げ式がおすすめ。

 

3-1.跳ね上げ式収納ベッドのメリット

  1. ガス圧式で女性や子供でも開け閉めが簡単にできる
  2. 仕切りがないので押し入れ感覚でいろいろと収納できる
  3. 長尺もの、カーペットやラグの収納ができる
  4. 布団が収納できる(冬物・夏物入れ替えに便利)
  5. 狭い部屋でも使える
  6. 壁にくっつけて使える収納ベッド
  7. 2台の収納ベッドを並べて使える

 

3-2.跳ね上げ式収納ベッドのデメリット

  1. 仕切りがないから自分で仕切りボックスなどを用意する必要がある
  2. マットレスの入れ替えができない
  3. 跳ね上げ式の部品等の構造で価格が高め
  4. 組み立てが他のベッドより複雑
  5. 結露が溜まりやすい=カビが発生しやすい

  1. ガス圧式跳ね上げベッドは、組み立ての際にシリンダーや金具など、他のベッドにはない部分の組み立てが必要になってきます。組立に自信のない方は、組み立て費用込み配送の商品を選びましょう。
  2. 縦開き型と横開き型があるので部屋のレイアウトに合わせて選べます。

 

3-3.跳ね上げ式収納ベッドおすすめの部屋

ガス圧で上部に開ける、他の2タイプと異なる仕様の収納ベッドは、大型の荷物の出し入れが簡単にできるので、部屋に押し入れやクローゼットなどの収納がない又は、少ない部屋におすすめです。

また他の2タイプと違い収納を引き出すスペースが必要なく、狭いスペースの部屋、ワンルームなどにおすすめです。失敗談にあったような寝室はそこそこ広くても、他の家具やクローゼットの開閉スペースが必要な場合や、ベッドを2台並べて置く場合にも収納スペースが使えないと言うことがないのでおすすめです。

ベッド博士
しまった物を頻繁に出し入れするなら簡単に開閉できるものでないと、いずれは使わなくなってしまします。その点では他の2タイプ(チェストベッド、引き出し付き収納ベッド)に大きな荷物を入れる場合、マットレスを移動し、ベッドの床板を外さなくて出し入れできません。

ガス圧式跳ね上げ収納ベッドは簡単な操作、押し入れの引き戸を開ける感覚で使えるので、出し入れに手間を掛けたくない、またはマットレスや床板を移動させるのが困難な女性や、高齢者の方におすすめです。

スポンサーリンク

4.引き出し付き収納ベッド

引き出し収納付きベッドは3タイプの中でも最もオーソドックスなベッドです。デザインが豊富なのもこのタイプの魅力です。また引き出しの収納にはBOX構造タイプとそうでないものがあります。

収納ベッドでおしゃれなものならこのタイプがおすすめです。男性向けのカッコイイ収納ベッド、女性向けの可愛い、おしゃれな収納ベッドまで幅広いデザインがあります。

 

4-1.引き出し収納ベッドのメリット

  1. 引き出しが左右に入れ替えができるのでレイアウト場所を選ばない
  2. ベッドのデザインが豊富
  3. BOX構造はフレームと引き出しが一体で開閉がスムーズ
  4. BOX構造は埃が入りにくい、組立が簡単
  5. 収納ベッドの中では最も高さが低くスマート

 

4-2.引き出し収納ベッドのデメリット

  1. BOX構造は値段が高め
  2. 狭い部屋では引き出すスペースが必要
BOX構造の引き出し収納は価格が高めですが、BOX部分は工場で組み立て済のためタンスのような密閉性があり、ほこりの侵入を防ぎます。組み立ての簡単さと使い勝手を考えるとBOX構造がおすすめ。

 

4-3.引き出し付き収納ベッドおすすめの部屋

荷物がしまえる収納ベッドが気になるけど、デザイン的におしゃれなものがいいと思う方には迷わず引き出し付き収納ベッドがおすすめです。ベッドのデザインが豊富で、ムードあるベッド、おしゃれなベッド、カワイイベッド、カッコイイベッドなどいろいろなテイストで選べるので人気です。

デザインが豊富なので部屋の雰囲気に合ったものが選べるので夫婦の寝室、男性・女性の一人暮らしはもちらん、子供部屋にもおすすめです。

物がしまえる収納ベッドも欲しいけど、デザインも好きなものが選べるものがいいという方向きです。

ベッド博士
収納スペースは1段で他のものより収納力は劣りますが、他の2タイプとは違い高さが低いめで見た目がスマート、お部屋に圧迫感を感じさせません。

5.チェストベッド

チェストベッドの魅力は大きさ違い、深さ違いの引き出しがいくつもあることです。引き出しの反対側は長尺ものが入れられるようになった利便性の高いベッドです。整理・仕分けが便利でものが簡単に取り出せるので小物をたくさんしまいたいと言う方にもおすすめです。

ものがたくさんしまえるチェストベッドは特に女性の方に人気があります。小物、化粧品、下着、洋服などいろいろなものを分けて入れられるタンスよりも身近で簡単に出し入れできる収納スペースが魅力です。

はてなちゃん
引き出し付き収納ベッドと同じでチェストベッドにもBOX構造タイプがあるの。大切な小物や衣類をしまいたい人にはほこりの心配がないBOX構造のチェストベッドが断然おすすめ。

 

5-1.チェストベッドのメリット

  1. 大きさ違いの引き出し収納が便利
  2. 反対側にはカーペットも入るスペースを確保
  3. 狭い部屋に対応したコンパクトサイズがある

 

5-2.チェストベッドのデメリット

  1. 引き出しが2段構造でベッド位置が高く圧迫感を感じることがある
  2. 床板の位置が高いのでマットレスが薄いタイプになっているものが多い
  3. 壁にくっつけると片側の収納が使えない
  4. 湿気が溜まりやすく、カビが通常のベッドより発生しやすい
チェストベッドは高さがある分、スペースの少ないワンルームなどでは不向きに感じますが、長さの短いショート丈のベッド、幅の狭いセミシングルがあるのもこのタイプで小柄な女性などに人気です。さらにコンパクトなヘッドレスタイプのチェストベッドもあります。

一人暮らしのワンルームなら小さめの収納ベッドがおすすめ!

2017.11.11

引き出し収納とチェストベッドを狭い部屋や寝室に設置する場合注意したいポイントがあります。後悔しないように↓↓の記事もご参考に。

寝室に収納ベッドを置くときに「考えておきたい」5つの問題点

2017.05.31

ワンルーム!収納不足解消コンパクトサイズのチェストベッドを選ぶワケ

2017.02.05

 

5-3.チェストベッドおすすめの部屋

チェストベッドはとにかく使い勝手がいい収納ベッドです。夫婦の寝室はもちろんですが、ワンルームや子供部屋などの限られたスペースでタンスが置けない方にもおすすめです。特にワンルームのように一つの部屋で生活する方には重宝します。

チェストベッドは細かくしまうものを分けられるので、小物付きな女性向きの収納ベッドです。可愛いデザインが選べるので一人暮らしの女性に選ばれる人気ものです。

手軽にいつでもしまった荷物が簡単に取り出せるので利便性が高いのが特徴。

ベッド博士
大きな荷物をしまうスペースもありますが、出し入れにはマットレスの移動と床板の移動をする必要があります。また狭いスペースの部屋では、引き出しを手前に引くスペースが確保できることを確認しましょう。

 

4.まとめ

収納ベッドはとても使える家具です。ワンルームでも、大きな寝室でも、あればあるほど助かるのが収納スペースです。クローゼットや押し入れとは、また違った使い方ができるのが「収納ベッド」の魅力。サイズも小さめならセミシングルから、大きいキングサイズまで揃うのが魅力です。

一つ注意したいのが、収納が増えるとどんどん荷物が増えてしまうこと!二度と使うことのないものをどんどん収納に押し込むと、知らぬ間に・・・不要なものが溢れている。そんなことになりかねません。定期的な整理・整頓に心がけて使いましょう。

子供も大人も好みの収納ベッドで片付け上手になって綺麗な部屋をキープしたいですね。特に一人暮らしのワンルームなどでは、生活感のあるものを上手く収納できるように、ベッドのデッドスペースを活用しましょう。

ベッドの通販ならこのショップがおすすめ!
ベッドの通販専門店セレクト.shop

このショップは豊富な商品在庫を取り揃えたベッドの専門店で選ぶのが楽しくなるショップです。ほとんどの商品が「送料無料」で高品質、低価格でよりよい商品をお客様にお届けするをコンセプトにしたお店です。