つらい膝痛!高さ調整ができる畳ベッドがおすすめ

膝が痛くて日々の寝起きがつらく困っていませんか。普段から膝を曲げる伸ばすの動作がスムーズにできず膝関節に痛みを感じる方が、畳やフローリングに敷いた布団で寝ていると、立ち上がるときに膝関節や下半身に大きな負担がかかります。そのため膝の曲げ伸ばしは相当につらいものがあります。

ここではそんなつらい膝痛に悩む方に、負担が少なく生活できるベッドについて考えていきたいと思います。

スポンサーリンク

 

1.なぜ起き上がりがつらいの?

年齢とともに膝が痛くなる人、膝関節を痛めている人も同様に日々生活する中でいろいろな場面で膝への痛みを感じます。生活の中でとてもつらく感じるのが和式のトイレです。普段は膝の痛みをそれほど感じていない人でも、膝を深く曲げての和式トイレでは、その曲げた姿勢が長く続くと段々と痛みを感じてきます。その痛みがある状態で立ち上がるときはとてもつらいものです。

このような症状が高齢者の方になるとさらに悪化して膝の関節を曲げる動作、伸ばす動作をするときに痛みを感じます。日本の住宅では和室で畳に布団を敷いて寝る方も少なくありません。

膝痛の人が畳の上に座る時と立ち上がる時、膝の曲げ伸ばしする動作は痛みを伴うばかりか、膝関節への負担がかかり症状を悪化させることもあり深刻です。このため毎日畳に布団を敷いて寝ている方にとっては、朝起きるときの布団から立ち上がりが一番つらいのです。また布団の上げ下げも膝を痛めている方には大きな負担です。

 

2.洋風の生活スタイルが負担を減らす

和風の生活スタイルは膝の曲げ伸ばしが大きくつらいものですが、洋風スタイルの生活に変えることでその負担を軽くすることができます。

  • その方法はこの3つ
  1. トイレは洋式にする
  2. 座るときは椅子を使う
  3. 寝るときはベッドにする

和風から洋風への変更することでの膝へのどのような負担軽減が期待できるのか考えてみましょう。

 

2-1.トイレは洋式にする

和式トイレはひざ痛に悩む方にとっては、膝を曲げた状態が長く続くのでとてもつらいものです。同じ体制を長く続けることで立ち上がり時の下半身への負担がさらに大きくなります。これを椅子に座るような姿勢で使える洋式トイレに変更することで膝への負担が少なくなります。

しかしトイレが現在使っているのが和式であると、洋式に変更するのは大きな取り換え工事が必要となり簡単ではありません。費用も大きな負担となるので、和式トイレに被せるだけの数千円で購入、簡単設置できる簡易洋式トイレがおすすめです。

 

2-2.座るときは椅子を使う

日本では畳に座布団が昔からの生活スタイルですが、膝を曲げて床に座る、膝を曲げて下半身に力を入れて立ち上がる。この動作の頻度が多い座布団生活を椅子に変更するだけで、膝への負担軽減になります。椅子なら膝を曲げるのが少なく、何より立ち上がりが楽にできます。

 

2-3.寝るときはベッドを使う

畳に布団を敷いて寝る和風スタイル。和室に畳は日本人にとっては落ち着く場所です。しかし膝関節が痛い人にとって、同じ体制が続く睡眠、つらいのが朝です。布団から起き上がる時の下半身への負担と、膝を伸ばそうとしたときの膝関節の痛みは相当につらいものです。

そんなつらい起き上がりの負担を軽減してくれるのがベッドです。ベッドなら起きるときに体を横にずらして椅子のようにベッドに腰かけることができるのです。この動作が膝関節への負担を和らげてくれことで、畳に敷く布団と比較すると膝の負担、痛みが少なくなります。

起き上がり時だけでなく、寝るときもベッドに腰かけて体をずらして寝るだけなので膝関節と下半身への負担が少なくなります。

スポンサーリンク

3.ベッドは身長に応じた腰かけ高さが重要

ベッドは布団に比べて寝起きの負担が少なくなりますが、ベッドの高さが身長に合っていないと膝への負担軽減が期待できません。高すぎると腰かけることができず、逆に座る位置が低すぎると立ち上がりがつらくなります。

このような問題は身長に合わせて高さの調整ができるベッドがおすすめ。座りやすく立ち上がりやすい自分に合った理想の高さに調整できることが重要です。身長差は男女で大きな開きがあるので、小柄な女性なら140cmから、男性なら175cmくらいまで幅広く対応できるベッドが望ましいでしょう。

写真でも分るように布団とベッドの比べると体への負担度合が全く違うばかりか、布団の場合は脚だけでなく腰への負担も大きくなります。

4.布団で寝る方には畳ベッド

いくら高さの位置が自分好みにできても、今まで布団を敷いて寝ていた方にとって初めてのベッドは、マットレスの柔らかい沈みこむような感覚は寝ずらいものになります。慣れた畳の上に布団が心地いいものです。そんな畳になれた方には畳ベッドがおすすめです。

畳ベッドは和室の畳で生活しているような感覚で寝ることができます。畳と同様、天然のい草の香り、畳のもつ湿度調整や空気浄化機能もそのままに、慣れた畳のリラックスできる環境で心地よく眠ることがでくるのが特徴。膝の痛みがつらい方には高さ調整ができる畳ベッドがおすすめです。

一般的なベッドと違い、畳ベッドならお好みの布団を敷いて寝れるのも魅力です。今まで使っていた布団をそのまま使うこともできます。寝心地はいつもと変わらないのに寝起きの膝関節の負担と痛みを軽減できるのがいいですね。

高さ調整ができる畳ベッドはこちらの

【フレームのみ】 高さが変えられる棚・照明・コンセント付き畳ベッド【泰然】たいぜん

 

5.まとめ

膝痛で悩む方とって、膝の関節を曲げる伸ばすはとてもつらく日常生活の中で不便に感じることが多いのが現状です。少しでも膝関節の痛み、下半身への負担を少なくして楽な生活をしたいですね。

楽な生活環境は身体への負担を和らげてくれますが、日ごろから無理のない適度な運動はをすることも必要です。

膝の痛みに悩む方への周りのサポートもあれば助かりますね。

ベッドの通販ならこのショップがおすすめ!
ベッドの通販専門店セレクト.shop

このショップは豊富な商品在庫を取り揃えたベッドの専門店で選ぶのが楽しくなるショップです。ほとんどの商品が「送料無料」で高品質、低価格でよりよい商品をお客様にお届けするをコンセプトにしたお店です。