究極のシンプルベッドがおしゃれ!レイアウトも思いのままに

余計なものが一切ないシンプルなベッドを探していませんか。シンプルを極めた脚付きマットレス、ヘッドボードレスベッドなら部屋のレイアウトも自在。おしゃれな部屋にしたいならおすすめのベッドです。

特に脚付きマットレスは狭い部屋から大きな部屋まで幅広く対応できるメリットがあります。ここでは一人暮らしから、夫婦、二人用と対応できるシンプルなベッドの魅力について紹介しいていきたいと思います。

スポンサーリンク

 

1.シンプルベッドのメリット

余計な材料が使われていない究極のシンプルベッドには多くのメリットがあります。ヘッドボードがない「ヘッドボードレスベッド」、マットレスに木製の脚を付けただけの「脚付きマットレス」。どちらもシンプルを極めたベッドです。

シンプルだからどんなテイストの部屋にでも合わせることができます。特に脚付きマットレスはカラフルな敷きパッド、ボックスシーツとセット販売されているものが多く、部屋のイメージカラーに合わせて選ぶこともできます。

 

1-1.移動が楽

脚付きマットレスには重量のある木製やパイプなどの、ベッドフレームがありません。そのためベッドの総重量もセミシングル(SS)で約25kg~。一番大きいダブルベッド(D)で約40kgと軽量。普通のベッドでは考えられない重量で移動が楽々です。

 

  • 女性でも簡単に模様替え!

重いベッドを移動しての模様替えはなかなかできるものではありません。一度置くと移動しようと思わないベッドですが、軽量な脚付きマットレスなら女性でもベッドを移動して部屋の模様替えができます。ヘッドボードがないからどんな向きでも置けるベッドは思いのままのレイアウトが可能です。
また部屋から部屋への移動なら、女性でもマットレスを立てて床を滑らすように移動すれば簡単です。

 

  • クイーンサイズでも狭い部屋への搬入OK

ダブルベッドよりも大型のクイーンサイズのベッド。部屋の間口が小さく購入を諦めていた夫婦の寝室。しかし脚付きマットレスのクイーンサイズ(Q)なら、セミシングル×2台となっているので移動も簡単です。このセミシングルサイズの幅80cmはいろいろなメリットがあります。のちほど詳しく紹介していきます。

 

1-2.掃除が簡単

ベッドは一度設置するとフレームの下などは、なかなか掃除できるものではありません。ベッドフレームが重いので男性でも一人では移動が簡単にはできません。それと比較するとシンプルベッドの脚付きマットレスなら女性でも簡単にマットレスを起こせるから定期的な掃除も楽々。
ホコリや湿気が溜まりやすいベッド周辺を清潔に保つことができます。

 

1-3.価格が安い

シンプルベッドは余計な部材を使わないからフレームや宮棚があるベッドと比較すると、とても価格が安いベッドです。ヘッドボードレスではフレームはあるものの、ヘッドの部分の材料が不要、また脚付きマットレスでは4本の脚のみに木材などの部材が使われています。一般的なデザインのベッドと比較すると組み立てがとても簡単です。

使われている材料が少ないシンプルなシングルベッドの価格でどちらのタイプも1万円台の激安価格から販売されています。※マットレスのタイプで価格が変動。
お手頃価格のベッドは、一時的な住まいや、一人暮らしを始める、学生、就職などの新生活に人気があるベッドです。

スポンサーリンク

2.一人暮らしにおすすめ

シンプルなヘッドボードレスベッド、脚付きマットレスは低価格で、何かと金銭面で大変な新生活を始める学生さん、就職で一人暮らしを始める方におすすめです。しかしそれだけではありません、シンプルだからこそおすすめしたい、ワンルームや社宅など限られたスペースで生活する一人暮らしに最適な理由があります。

マットレス分の大きさのベッドは少ないスペースの部屋にピッタリ。使われている材料が少ないので、狭い部屋への搬入もスムーズです。

 

2-1.男性の部屋

一人暮らしをする男性なら、ワンルームや1Kの場合、脚付きマットレスのシングル(S)、またはセミダブル(SD)がおすすめ。友人や恋人が部屋に来ることを考えると、おしゃれでカッコいい部屋にしたいですね。ベッドのデザインに合わせたインテリアではなく、部屋のイメージに合わせてベッドをデザインするのが今どきスタイルです。

脚付きマットレスベッドに必要なのは部屋のイメージ、インテリアに合わせた掛け布団カバーを用意するだけ。他の家具、ソファやテーブル、棚などを上手く配置することで統一感を持たせます。彼女と部屋で過ごすなら二人掛けのローソファは必須。一緒に寝るならベッドのサイズはセミダブルがおすすめ。

  • 男性の一人暮らしのベッドザイズで悩んだらこちらの記事も参考に!

一人暮らしの男性のベッドはシングルかセミダブル?比較してみた

2017.01.30

 

2-2.女性の部屋

ワンルームで一人暮らしを始める女性にならセミシングルSS、シングルS、この2つのサイズがおすすめ。この中でも小柄な女性ならセミシングルのコンパクトサイズのベッドがおすすめ。狭い部屋のスペースを有効利用できます。

おしゃれな部屋に憧れる女性におすすめしたい、脚付きマットレスベッド。フレームがないシンプルベッドだから掛け布団のイメージを合わせるだけで、どんな系統のインテリアにも対応できます。

例えばナチュラルインテリア、森ガールインテリア、ガーリーインテリア、北欧風インテリア、カフェ風インテリア、など想いのまま。他の家具との相性も抜群です。ベッドのデザインに悩まなくても簡単にイメージ通りの部屋にコーデできます。自分だけの素敵な空間を楽しんでみましょう。

  • 女性の一人暮らしのベッド選びに迷ったらこちらの記事。

一人暮らしの女性の失敗しないベッド選び方 2つのポイント

2017.01.29

 

3.夫婦・同棲におすすめ

夫婦、同棲生活におすすめしたいのが、脚付きマットレスのクイーンサイズ。このベッドのおすすめポイントは価格が安い、移動が楽なこと。先の見えない同棲生活では、先々引っ越すことも考えられるため、移動が楽なマットレスベッドはベストと言えるでしょう。また金銭面で余裕のない若い二人には激安の高品質ベッドがいいですね。

クイーンサイズの移動が楽?と疑問に思った方もいるでしょう。実はこのクイーンサイズQは、セミシングルサイズSS(80cm)を2台並べて設置する方法です。これが便利で、狭い間口の部屋でも搬入が楽にできるメリットと、二人で一緒に寝るときにお互いの寝返りの振動で、パートナーを起こすことが防止できます。

それでいて二人が一緒に寝るちょうどよいベッド幅で心地よく寝ることができます。

 

4.まとめ

シンプルベッド、特に脚付きマットレスベッドは部屋の状況、スタイルなど住む人の住環境に合わせてベッドが合わせてくれる。そんな便利さが人気です。シンプルだからこそのメリットがたくさんあります。また飽きがこないのでずっと長く使えるベッドです。シンプルベッドをあなたのカラーに合わせて一人暮らし、夫婦、同棲生活を楽しみましょう。

ベッドの通販ならこのショップがおすすめ!
ベッドの通販専門店セレクト.shop

このショップは豊富な商品在庫を取り揃えたベッドの専門店で選ぶのが楽しくなるショップです。ほとんどの商品が「送料無料」で高品質、低価格でよりよい商品をお客様にお届けするをコンセプトにしたお店です。