ベッドを通販で購入!これだけは注意したい3つのチェックポイント

最近ではベッドを通販で購入する方が増えています。店舗にはない豊富な品揃えとリーズナブルな価格がベッドを購入する理由の一つでしよう。タイプやサイズも豊富な在庫の中から選べるうえ、すぐに配達してくれるのがいいですね。

しかし通販でベッドを購入するときに注意したいポイントがいくつかあります。買ってからの失敗事例も多い通販、ここではベッドの後悔しない購入方法を考えていきたいと思います。

スポンサーリンク

 

1.通販ここだけは注意

ベッドは通販で簡単に購入できる反面、買ってからの失敗事例も多いので注意が必要です。そんな後悔もしっかりとポイントを確認して購入すれば問題ありません。要は自分が思ったものが安く購入できればいいのです。

しかし購入時に注意しなければいけないポイントがいくつかあります。

 

2.商品説明やスペックは自分でしっかりと確認

ベッドに限らず通販でものを購入するときは、商品の説明欄や機能面などをよく確認して購入するのは当たり前のことですが、店舗のように店員さんが説明してくれない通販では、全て自分で確認しなければなりません。

しかし商品のデザインだけに気を取られて、肝心な部分を見落とすことがあるので注意したいですね。ベッドの場合大型の荷物になるので、間違って購入しても自己都合ではなかなか交換もしてもらえない場合があります。また通販特有のザイズや色等が確認しずらい通販もあるので、ベッドを通販で購入する場合、この3つは必ずチェックしておきましょう。

  1. フレームの色とマットスの色を確認
  2. マットレスの有無と種類を確認
  3. サイズと寸法を確認

この3つのチェックポイントを詳しくみていきましょう。

 

2-1.フレームの色とマットスの色を確認

ベッドにはタイプによっていろいろな色や柄のパターンがあり、特に色は豊富に用意されているものが多いため、通販で表示されている商品写真は同じものが使われていることが多く、商品のタイトル部分と説明部分をよく確認する必要があります。

豊富なタイプや柄、色が選べるのは通販のメリットです。そにメリットを活かせるようにしっかりと確認して購入しましょう。

ベッドの場合、商品にもよりますが。ベッドの本体(フレーム)の色とマットレスの色が選べるものがたくさんあります。例えばフレームはホワイト、マットレスはブラック。このような選び方が数パターンで可能になった商品があります。ベッドの通販のメリットの選べる色が豊富を生かせるように、フレームの色とマットレスの色をしっかりと確認しましょう。

 

2-2.マットレスの有無と種類を確認

ベッドの通販で最も注意したいのがマットレスです。商品によってはベッドのフレームのみ、とマットレス付きがあるので注意しましょう。同じベッドでこれが一番安いからと選んで購入したらベッドのフレームのみだったなんてことになりかねません。

最近ではベッドのフレームのみ購入する方が増えているので、フレームのみをベッドを用意しているタイプも多くなっています。まずはフレームのみなのか、マットレス付きなのかを必ず確認しましょう。

次に確認したいのがマットレスの種類です。これは寝心地を左右するものなのでよく確認しましょう。

マットレスはタイプによって硬さが違うので一覧表を確認して硬め、中間、柔らかめの中から選択します。寝心地に関しては通販では確かめることができないので、普段からどのような環境で寝ていたかを目安に決めるといいと思います。

マットレス選びは重要です。身体に合わないと寝るのが苦痛になってしまうこともあるので、自身の今寝ている環境、柔らかめなのか、それとも硬めなのかを一つの目安に検討しましょう。柔らかい⇒硬いにすると寝苦しく感じることがあるので注意しましょう。

 

2-3.サイズと寸法を確認

ベッドのサイズは大きく分けるとセミシングルSS、シングルS、セミダブルSD、ダブルD、クイーンQ、キングKの6種類があります。他にもワイドベッド、ベッドとベッドを並べて置くタイプもあります。

人数によって最も適したサイズを選ぶ必要があります。一人だからシングルベッド、二人だからダブルベッドのような表記文字だけで確認や決定をしないように、必ず説明欄の実寸法を確認して購入しましょう。買ったベッドが二人で寝るときに狭くて快眠できないとせっかく購入したベッドが台無しになります。

また実寸法を確認して部屋に置けるかも合わせて確認してから購入しましょう。
サイズ選びに迷ったらこちらもご覧ください。

なるほど!一人用にぴったりなベッドサイズはこう選ぶ!

2017.02.09

二人用のベッドを選ぶコツ!失敗しないサイズ選び

2017.02.03

夫婦・同棲カップル二人用のベッドサイズの選び方!3つのポイント

2016.12.17

 

スポンサーリンク

3.搬入や組み立てで知っておきたいこと

ベッドは大型の家具です。搬入するにはそれなりの通路の広さが必要となり、部屋に入るかも確認しておかなくてはなりません。部屋までの搬入に使う階段、エレベーター、通路幅やドアの間口などです。購入したベッドが部屋に入らない商品だったらどうしようもありません。特に大型のベッドは要注意です。

極端に狭い場合は新品時、ロール状になったマットレス仕様のものがあるのでそちらを検討するのも一つですね。またクイーンサイズ以上はマットレスが分割式(2枚1組)もあるので説明欄をよく確認して購入しましょう。

またベッドは簡単な組み立てが必要となります。自分で組み立てる自信がない方、力の弱い女性や高齢者の方には、組み立て費用込みのセット販売をしている通販もありますのでそちらを利用しましょう。

 

4.まとめ

ベッドは通販での購入はメリットが多く利用する人も多いですが、通販ならではの色やザイズ間違いをしないようによく確認して購入することが重要ですね。

デザインや収納があるかないか。フレームはどのようなタイプなのか、すのこタイプなのか、一枚ものなのか。木材は合板なのか、天然木を使っているのか。レザーは合皮なのか、本革なのか。これらをよく確認して間違いのないベッドを選ぶようにしましょう。

ベッドの通販ならこのショップがおすすめ!
ベッドの通販専門店セレクト.shop

このショップは豊富な商品在庫を取り揃えたベッドの専門店で選ぶのが楽しくなるショップです。ほとんどの商品が「送料無料」で高品質、低価格でよりよい商品をお客様にお届けするをコンセプトにしたお店です。