ベッドのおすすめはこれ!部屋と使う人・人数でベッドのタイプを選ぶ

ベッドは多種多様の種類が販売されています。いざベッドを買おうと思ったけど、あまりの種類の多さに迷って決まらない。そんな迷う人は必見のページです。ベッドのおすすめ、売れているベッドの人気商品まで分かりやすく紹介していきます。

使う人、人数、年代、シチュエーション別に探しやすいように紹介します。ご参考に!

自分に本当に必要なベッドってどれ?ぱっと見のデザインだけで選ぶ、それとも機能性?実店舗なら店員さんがあれこれアドバイスをしてくれて納得して購入する。

しかしネット通販では自分であれこれ悩んで決める必要がある。なら近くの家具メーカーで買えばいいと考えるが選べる種類が少ない。デザイン、色、タイプが豊富なのはだんぜん通販に軍配が上がる。

見て触れて選べない通販で購入する人が増えている。これはなぜか?それは家にいながらものが購入できる手軽さと、選べる膨大な種類であると言える。店舗で店員さんにアドバイスをしてもらって納得して購入したはずのベッド、それでも買ってから後悔する人もいる。それは通販も同じ。

これは自分のライフスタイルに合ったもの選びができていないから。ここでは使う人に最も適したおすすめのベッドをまじめに考えていきたいと思う。ベッド選びで後悔しないポイントはベッドのタイプを知ることから始まる。自分で調べるのはけっこう面倒。ここを見れば必要なベッドが分るようにまとめてみたいと思う。目次を見て自分が必要とするライフスタイルへジャンプすれば迷うことなく求めるベッドに出会えるので活用してもらえれば嬉しいです。

1.あなたに必要なベッドとは

本当に必要なベッドは、買ってからこれにしてよかったと思えるベッドである。人それぞれ好みが違う、いいと感じるデザインも人によって違う。だから自分の好み+ライフスタイル=で考える必要がある。

親元を離れて一人暮らしをする大学生を例に考えると、Aさんは大学生活の4年間だけ使えればいいからとにかく安いベッドが欲しい。Bさんは大学生活後も使う予定なので長く使えるベッドが欲しい

このようにAさんとBさんは全く求めるものが違う。安いベッドならマットレス付きで1~2万円で買える。長く使うベッドなら価格よりも、デザインや品質、使い勝手を重視したい。人それぞれ価値観の違いは当然ある。

ベッドはとにかく種類(タイプ)が多い、だから余計に悩む、シンプルなベッドからゴージャスなベッドまで価格もピンキリである。買ってから後悔しないように「あなたに本当に必要なベッド選び」をライフスタイル別に考えて行こう。

 

2.自分に必要なベッドを知る

ベッド選びは、自分のライフスタイルから考えてみよう。キーワードはこの5つ。

  1. 一人暮らし向けベッド
  2. カップル・夫婦向けベッド
  3. 子供向けベッド
  4. おじいちゃんおばあちゃん向けベッド
  5. 家族向けベッド

あなたが探しているベッドは1~5番の中のどれかに当てはまると思う。ベッドを選ぶ人は自分用を探しているとは限らない、子供用、おじいちゃんへのプレゼント用も考えられる。それぞれ必要なベッドのタイプは異なるので、ここでは1~6のキーワード別に考えて行きたいと思う。

 

2-1.一人暮らし向けベッド

一人暮らしが必要とするベッド、実際に選ばれているベッドも含めて考えてみよう。一人暮らしにもいろいろある。親元を離れて自立する一人暮らし、自宅から通学できない大学生、転勤族、新社会人などその人のライフスタイルで全く状況は違う。一人暮らしベッドのキーワードはこの5つ

  1. とにかく安いベッド
  2. 機能的なベッド
  3. 狭い部屋に置けるベッド
  4. 引っ越しに適したベッド
  5. おしゃれ・カッコイイ・可愛いベッド

1~5のキーワードのどれかにあてはまる人が多いと思う。全ての人に当てはまるわけではないが一人暮らしではこの5つのキーワードを組み合わせたベッド選びが実際に選ばれている。

自宅から通学できない大学生が一人暮らしをする。ではどんなベッドが必要だろう?「生活の4年間だけ使えればいい」そんなベッドを探す人ならベッドは安い方がいいと言う人が多い。

引っ越しの多い転勤族の人なら組立やばらしが簡単なシンプルなベッドがいい。

親元を離れて都会へ行く若者、どんなベッドを選ぶだろう。ワンルームに住むことを考えれば狭いスペースに置けるおしゃれなベッドが選択肢に入る。

このように一人暮らしでも必要なベッドは人によって全く違う。

 

2-1-1.とにかく安いベッド

何でも安いにこしたことはないが、安い=粗悪商品では意味がない。安くても納得できる良品と言えるものが理想である。安いベッドにもいろいろ種類がある。安いベッドの特徴の1つに使われる部材が少ないベッドがある。ここでは何かと支出が多くなる大学生、給料が少ない新社会人、親元を離れて一人暮らしする人向けに安いベッドを紹介していいきます。

この3つのベッドは使われる部材数が少ない、または部材が安いことでリーズナブルな価格帯のベッドが販売されています。

  • 脚付きマットレス
ベッド博士
脚付きマットレスはマットレスに脚が4本~6本付いたとてもシンプルなベッドです。シンプルで一人暮らしにはベストのベッドです。2万前後から購入できます。

 

  • フロアベッド
ベッド博士
フロアベッドは一般的なベッドと比較すると使われる部材がとても少なくその分リーズナブルです。高さが低いのでワンルームなどの限られたスペースにもおすすめ。価格は1万円代から販売されています。

 

  • パイプベッド
ベッド博士
パイプベッドは画像のようなタイプからロフトベッドまでいろいろなタイプがある。スチール製のパイプベッドは軽量で移動も簡単。また価格もリーズナブルで学生さんの一人暮らしにもおすすめです。

 

2-1-2.機能的なベッド

一人暮らしの部屋では、スペースがが狭い、収納が少ない点がよく問題になります。住まいの多くはワンルーム、1Kが多く、少し広くて2Dくらいが妥当でしょう。そんな一人暮らしで重宝する機能的なベッドを紹介していきます。

この2つは機能性を重視したベッドです。ものがしまえるベッド、ベッド下スペースを自由に使えるロフトベッド。

  • 収納ベッド
ベッド博士
ワンルームや1K住まいでは部屋の収納が少ないのが問題点。画像のチェストベッドならタンスのように小物整理から大型荷物までしまえる便利なベッドです。狭いスペースの部屋向けにショート丈&セミシングルの短く幅の狭いコンパクトなベッドも販売されています。特に女性に人気があります。

 

  • ロフトベッド
ベッド博士
ロフトベッドはに狭い部屋でも置けるベッドで、ベッド下の大容量の空間に勉強机を置いたり、テレビやパソコン、収納ボックス、ソファなども置ける機能性の高いベッドです。学生さんにおすすめです。

 

2-1-3.狭い部屋に置けるベッド

一人暮らしのワンルームや1Kにこれから住もうとしている人はベッドを置くスペースにも注意しなければなりません。部屋にはベッドだけでなく、机、テレビ台、収納BOX、ソファなどの他の家具を置くことも考えておく必要があります。また部屋の間取り、ドアの位置などで大きなベッドを置いたらドアが全開しないそんな事例もあります。ここではできるだけ部屋のスペースを有効に使いたい人向けに省スペースに対応したベッドを紹介します。

この3タイプはどれも狭い部屋に置く省スペースに対応したベッドです。また部屋のスペースを有効に使いたい人向けにもおすすめです。全長が短いベッドと、見た目がスッキリシンプルなヘッドボードがないベッドを紹介していきます。

  • ショート丈コンパクトベッド
はてなちゃん
ショート丈のコンパクトなベッドは通常サイズのベッド全長195cmよりも15cm短い、180cmです。さらにヘッドボードは幅が薄く設計されたタイプが多いのでトータルの全長がとっても短くで小さめのベッドです。小柄な女性の一人暮らしにおすすめです。

 

  • 脚付きマットレス
はてなちゃん
先にも登場した脚付きマットレスは、ヘッドボードもベッドフレームもないので超シンプルなんです。狭い部屋に置くならこれというくらいおすすめ!

 

  • ヘッドボードレスベッド
ベッド博士
ヘッドボードレスベッドはとにかくシンプルで狭い部屋に置いた印象もスッキリです。ヘッドボードレスのベッドにはチェストベッドやフロアベッドなどあります。

 

2-1-4.引っ越しに適したベッド

一人暮らしでは、転勤族、単身赴任、学生さんなどある程度短期で住む人は、引っ越しのことも考えたベッド選びが必要となります。引っ越しするとき、大型の荷物は特に大変。部材が多いベッドは組立だけでなくばらし作業も大変です。組立、ばらし、搬入のことを考えると部材が少ないベッド、軽いベッドがおすすめ。引っ越しの多い人向けのベッドを紹介します。

どのベッドも部材が少ないもしくは軽いベッドです。見た目もシンプルなものが多いのが特徴です。

  • フロアベッド
ベッド博士
フロアベッドは床に直接置くタイプで、その分ベッドフレームに使われる部材が少なく組み立て、ばらしが簡単です。フロアベッドは、引っ越しの多い転勤族でおしゃれなベッドを探している人におすすめです。

 

  • 脚付きマットレス
はてなちゃん
ここでも脚付きマットレスが登場しましたね。見ての通りマットレスに脚が4本ついているだけなので組み立て&ばらしはほぼ必要なしのベッドです。引っ越しの多い人にベストのベッドです。

 

  • パイプベッド
ベッド博士
パイプベッドは画像のように比較的シンプルなものが多く軽量。引っ越し時の組み立てばらし、移動も簡単なので扱いやすベッドです。

 

2-1-5.おしゃれ・カッコイイ・可愛いベッド

一人暮らしを始める若い世代、自分だけの部屋は自分の好みのテイストでデザインができる。友人や恋人が遊びに来た時に自慢できる部屋が理想。おしゃれな部屋は男性も女性も憧れです。カッコいい部屋は男性、女性なら可愛い部屋。そんな一人暮らしを始める若い世代におすすめのおしゃれなベッドを紹介していきます。

男性ならおしゃれでカッコいいベッドが人気。女性にはおしゃれで可愛いベッドが人気です。どちらもおしゃれなベッドが共通点。

ベッド博士
メンズがカッコイイと思うベッドはモダン系、ブラック系やホワイト系、バイカラーなど。さらにおしゃれな照明が付いたベッド、特殊なステージタイプのベッドフレームまで。男臭さとおしゃれ感が融合したベッドが人気です。おしゃれなベッドは収納付きもスマート。メンズが選ぶカッコイイベッドスタイルには素材も重要。パイプベッドも木製ベッドも若者が好むスタイルで機能性も確保。

 

  • レディース 可愛いベッド
はてなちゃん
女性が好むおしゃれで可愛いベッドはホワイト系、ナチュラル系、ガーリー、モダン、北欧風などおしゃれ感が素敵なベッドが人気です。女性には特に優しい印象のカラーや素材がおすすめで木製ベッドならパイン材を使ったもの、パイプベッドならホワイトカラーで優しさをプラス。画像のカントリー調ベッドもおすすめです。一人暮らしを始める女性はシンプルでおしゃれな部屋、ホワイトで統一したガーリーな部屋、カラフルで可愛い部屋

 

2-2.カップル・夫婦向けベッド

同棲を始めるカップル、新婚さんや夫婦の人が実際に選ぶベッド、購入して後悔したベッド談も交えて考えていきます。特に夫婦の場合、新婚時と、長年一緒に生活を共にする夫婦では選ぶベッドが違う場合もあります。買って後悔しために夫婦のライフスタイルに合ったベッド選びが必要です。カップル・夫婦向けベッドのキーワードはこの2つ。

  1. ツインベッドorダブルベッド
  2. 先を考えたベッド

キーワードをこの2つにしたのには意味があります。こうすれば良かった、ここ失敗などの長年連れ添う夫婦が実際に経験したことを踏まえてこの2つを取り上げました。同棲するカップルなら今だけよければいいと思えるベッドがあてはまると思う。しかし夫婦の場合はこれから先ずっと一緒に生活することを考えなくてはなりません。

 

新婚時はくっついて一緒に寝たい、ずっとその気持ちは変わらないだろうと思って購入した1台のベッド、それはダブルサイズなのかクイーンサイズなのか人それぞれですが、多少のベッドの大きさに関係なく「1台のベッドで夫婦二人が寝る」これは新婚ホヤホヤ、ラブラブ(古い)な結婚当初から10年、20年、30年後も続きます。(ベッドを買い替える場合を除いて)

 

夫婦なら将来、子供が産まれたときのことも考えてベッドを選ぶのもいい選択家族肢です。

 

2-2-1.ツインベッドorダブルベッド

新婚さんが選ぶベッドはダブル、クイーンベッドが多いと思います。サイズは違いますがどちらも1つのベッドで2人が一緒に寝ることが前提のベッドです。ダブルベッドなら密着、クイーンベッドなら少し余裕がある感じ。しかし最近ではホテルにあるツインルームのような2台並べて置けるベッドも選ばれています。これは夫婦のライフスタイルで違ってきます。そんなカップル・夫婦が快適に寝ることができるベッドを紹介していきます。

同棲するアツアツカップルはくっついて寝たいと考えるのが一般的。長期で考えないカップルの場合ダブルベッドでもいいのですが、長年連れ添う夫婦はやっぱり先を考えたい。

はてなちゃん
2台のベッドを並べて置くことができるベッドは、離して置くとツインベッド、並べて置くと大きなワイドベッドのように使えるベッド。並べたベッドの隙間は最小限で気になりません。新婚時は2台をピタッと並べて一緒に、長年連れ添って時が経つと1人でゆっくり寝たいと思う夫婦もたくさんいます。2台並べて置けるベッドなら付ける、離すが自由自在です。しかし1台のベッドでは不可能です。夫婦が長く仲良く過ごせるベッドとして人気です。

 

はてなちゃん
夫婦はやっぱり1つのベッドで一緒に寝るのが仲良しの秘訣。そう考える夫婦もたくさんいます。長年連れ添う夫婦で隣にパートナーがいないと眠れないという人もいます。1台で夫婦が快適に寝ることを考えた場合、部屋のスペースが問題なければクイーンサイズ、キングサイズがおすすめです。クイーンサイズ以上になるとマットレスのみ2つとなり、パートナーの寝返りなどの振動が低減されます。お互いが気持ちよく睡眠を得るならマットレスが2分割になった商品を選びたいですね。

 

2-2-2.先を考えたベッド

先を考えたベッド。これは夫婦に将来子供が産まれたときを考えたベッド選びです。一般的には子供が産まれたら親のベッドで一緒に寝るパターンが多いと思います。そして子供はある程度の年頃になり自分の部屋で寝るようになるとベッドを新規で購入する。このようなパターンでも特に問題はありませんが、今人気のベッドスタイルが家族で寝ることができる家族ベッドです。

ベッド博士
2つ並べて置けるベッドと共通する部分がありますが、家族ベッドは2つのベッドを金具やベルトで固定するタイプで、子供の安全に配慮したロータイプのフロアベッドがおすすめです。

 

2-3.子供向けベッド

子供用のベッドは小学生低学年頃から大人になるまで使えるものが理想です。ベッドは何度も買い替えられるものではありませんので、子供が成長しても使える「長く使えるベッド」がおすすめです。

子供が欲しいベッドと親が思うベッドには違いがあると思います。子供の理想も聞いてあげたい、でもずっと使えるベッドを購入したい。そんな子供ベッドのキーワードはこの3つ。

 

2-3-1.子供が成長しても使えるベッド

子供が小さいときは、かわいいベッドを購入して部屋に置きたくなります。これは子供も親も同じかもしれません。探せば子供が楽しいと思うようなベッド、親が見てもカワイすぎるベッドが販売されています。しかし子供の成長は早く、喜んでいたかわいいベッドを拒否するようになってきます。そのようなことにならないようなおすすめのベッドを紹介します。

はてなちゃん
子供が成長しても使えるベッドを選ぶならシンプルなものがおすすめ。子供の成長と共に買い替えるなら別ですが、ずっと使いたいベッドなら子供が高校生、大学生、大人になったときのことを想定してみて下さい。二段ベッドなら安全策が外せるシンプルなデザインのもの。子供の安全を考えるなら転落の心配のないロータイプのフロアベッドもおすすめです。またものがたくさんしまえるチェストベッドもおすすめですが、高さがあるので子供が小さい間は安全策を付けるといいでしょう。

 

2-4.おじいちゃんおばあちゃん向けベッド

おじいちゃん、おばあちゃんのベッド選び、若い世代や家族向けとは違う選び方がおすすめです。高齢者になると足腰が弱り、布団を敷いて寝る場合や、ローベッドのような背の低いベッドは寝起きがとても辛く感じます。特に朝の布団や低いベッドからの立ち上がりは苦痛です。高齢者向けのベッド選びのキーワードはこの2つ。

このキーワードを選んだ理由は、自分の背丈(座ったときの高さ)に合ったベッドが必要だからです。低すぎると起きるときに力が入るし、高すぎると座ったときに脚が床につきません。

若い人には分からない高齢者の悩みがあります。脚が痛い、ひざが痛い、腰が痛い。このような症状を抱える人が少しでも楽に生活できるベッドを選ぶ必要があります。また今は元気で大丈夫でも先を考えて対応できるベッドを選んでおいた方が無難です。

ベッド博士
高齢者の寝起き時の足腰への負担は思っている以上に辛いものです。和室で布団を愛用していた人も年齢と共に寝起きが辛くなり、ベッドを購入される人が増えています。座るときも床ではなく椅子、寝る時もベッド。このように身体への負担が少ないベッドをおじいちゃん、おばあちゃんへプレゼントしてあげるのもいいですね。

 

ベッド博士
おじいちゃんおばあちゃんは和室、畳が落ち着くと言う人が多いと思います。皆がそうではありませんが、畳のい草の香りに癒される人も多いはず。特に和室で布団からベッドにする人には畳に布団を敷いて使う感覚と同様の、畳ベッドがおすすめです。

 

2-5.家族向けベッド

結婚して子供が1人、2人と増えると家族全員で寝るベッドをどうしようかと考える家庭があります。子供1人なら親のベッドで寝れますが、2人、3人となると一緒に寝ることがでないのが現状。

家族皆で布団を敷いて寝るのも1つの手ですが、やっぱりベッドがいい。そんな人が悩むキーワードはこの3つ。

  1. 家族4人で一緒に寝れるベッド
  2. 大きいベッドを置いたらどうなる
  3. 大きいベッドは値段が高い

日本の住宅事情を考えると当然の悩みです。これから夫婦のベッドを考える人、家族で寝れるベッドを探している人向けのベッドを紹介していきます。

ベッド博士
家族4人が寝れるベッド。大人2人+子供2人と言うことになる。寝室にそんな広いベッドを置けるの?と心配する人も多いのですが、8畳もあれば4人で寝れる幅280cmサイズを置くことができます。置けても狭く感じると頭をよぎりますが、ロースタイルの低いフロアベッドなら圧迫感を感じさせず、床に布団を敷いて川の字で寝るようなイメージのベッドです。2台のベッドを購入してもとてもリーズナブルな価格で安心です。これから家族を持つ夫婦の賢いベッドの選択肢の1つです。

 

3.まとめ

どうでしたか?ベッドにはいろいろなタイプがあるのがお分かりいただけたと思います。ベッドは使う人の住まい環境と、使う人の人数、期間などで選ぶものが違ってきます。

もちろん価格もピンキリです。上手に自分や家族に合ったベッドを選ぶことで後々後悔することがなくなります。人気のあるベッドはそれなりに認められている証拠です。ベッドはパッと見た目で選ぶのではなく、ベッドの種類をある程度把握してベッド+付加価値で選ぶのがおすすめです。

ぜひ最良のベッドを選んで心地よい眠りを手に入れて下さい。

ベッドの通販ならこのショップがおすすめ!
ベッドの通販専門店セレクト.shop

このショップは豊富な商品在庫を取り揃えたベッドの専門店で選ぶのが楽しくなるショップです。ほとんどの商品が「送料無料」で高品質、低価格でよりよい商品をお客様にお届けするをコンセプトにしたお店です。