一人暮らしの女性の失敗しないベッド選び方 2つのポイント

女性の一人暮らしの住まいはワンルーム、1Kが多いと思います。限られたスペースに大型家具のベッドはどのサイズなら置けるの?と悩んでいませんか。

またお部屋をおしゃれにして家具もお気に入りのタイプで揃えたくなりますよね。しかしお部屋が片付いていなく物であふれていたらそのイメージも台無しになってしまいます。

ここでは一人暮らしの女性が失敗しないベッドの選び方とおすすめのワンルームのコーディネイトルーム例を紹介してます。

スポンサーリンク

 

1.一人暮らしの問題点

一人暮らしは、大きな部屋は必要なく小ぶりな部屋があればいいという方が多いのではないでしょうか。ここでは一人暮らしを1K(ワンケー)1R(ワンルーム)マンションを新しい住まいに選ぶ女性向けに問題点を考えていきたいと思います。

1Kでは部屋にベッドだけでなく、ソファやテーブル、テレビボード、収納棚などを置いて部屋をレイアウトをするのが定番ですが、あれもこれもと無造作に置くとものがあふれかえって雑然とした部屋になってしまします。

一人暮らしで部屋で考えたい問題点はこの2つ

  1. 部屋の大きさ
  2. 収納の大きさ
ベッド博士
この2つは入居するときに確認しているので問題がないように思いますが、実際に住んでみる備え付けのクローゼットがあるものの収納が足りないと感じることもあります。

それぞれチェックしてみたいと思います。

 

1-1.部屋の大きさ

1Kで部屋の大きさ20㎡前後が主流となっているので、居室スペースは6畳から広くて10畳程度となるでしょう。そこで問題となるのがベッドの大きさです。シングルベッドでも通常のサイズとなるとそれなりに場所を取るので、1Kにベッド、ソファ、テーブル、テレビボード、収納棚などを置くとかなり窮屈にかんじるでしょう。レイアウトにもよりますが、家具の中で一番場所を取るベッドをどうするかがポイントになります。

 

1-2.収納の大きさ

1Kもワンルームも住んでみて少ないと感じるのが収納です。クローゼットなど備え付けの収納はありますが、布団や衣替えの服やカーペット、ラグなど荷物は増える一方です。タンスなどの収納を置きたいところですが、もともと狭い部屋には厳しいものがあります。選ぶ家具によっては「おしゃれな部屋」とは程遠い部屋になってしまうこともあります。

部屋の大きさと家具の比率は重要です。また移動する動線の確保も必要。

 

2.ワンルームのお洒落なコーディネイトの鍵はベッド選び

一人暮らしの女性の憧れ、1K・ワンルームのお部屋をお洒落にコーディネイトするにはお部屋の場所を一番占領するベッド選びが重要です。ワンルームで快適に暮らす空間にするにはまずは1K・ワンルームの問題点の2つを意識したベッドを選ぶことからはじめましょう。

  1. 狭い部屋でも対応できるベッド
  2. 収納が付いたベッド

2-1.狭い部屋でも対応できるベッド

一人暮らしや狭い部屋ならシングルベッドが基本です。しかし小柄な女性なら全長が短いショートベッドに幅の狭いセミシングルもおすすめです。シングルベッドの全長195cmと横幅100cm比較するとショートベッドのセミシングルなら全長15cm短く、横幅約15cmも狭いのです。

この15cmの違いは1Kやワンルームの狭い部屋にベッドを置くことを考えると理想的のサイズと言えるでしょう。

はてなちゃん
ここで注意したいのが、広々とした寝るスペースが好きな方には不向きです。身長が165cm以下の方におすすめです。

⇒狭い部屋におすすめの小さめのベッドはこちらのコンパクトベッド

ヘッドボードがないチェストベッドならさらにコンパクトにお部屋に収まります。普通サイズのベッドでもヘッドボードがないと20cm程全長が短くなります。寝るスペースは同じなのに全長が短くなるので寝るスペースを犠牲にしたくない方におすすめ。

⇒普通サイズで全長が短くなるヘッドボードレスチェストベッド【Dixy】ディクシー

 

さらに小さいベッドを求める方には全長のコンパクトベッドにヘッドボードがないチェストベッドがあります。部屋のスペースをとことん有効に使いたい小柄女性におすすめです。

⇒究極の小さいベッドヘッドレス大容量コンパクトチェストベッド【Creacion】クリージョン

 

2-2.収納が付いたベッド

1Kやワンルームでどうしても不足するのが収納の問題です。ワンルームの悩みの中でも収納スペースの不足は上位です。その間取りの問題で中には収納がないワンルームもあります。しかし部屋をすっきりと見せるにはどうしても収納が必要になります。

「おしゃれな部屋」にしたくても物を片づけることができる収納が少ないと、部屋の見える場所に見せたくない物を置かなくてはならなくスッキリ片付いた部屋にするにはいくらでも収納がほしくなります。

そこで活躍するのが引き出し収納が付いたチェストベッドです。ベッドの面積分の収納があればいろいろなものが入ります。大きな荷物も長いカーペットまで収納できるので便利です。

収納が少ない1K、ワンルームに大量に収納できるベッドならこちらのチェストベッドがおすすめ。

スポンサーリンク

3.お洒落な1K・ワンルームコーディネイト

一人暮らしを始めてお洒落な部屋にしたら、友達や彼氏を招きたくなる。そんなお洒落な女性ならではの素敵なワンルームコーディネイトを紹介していきます。素敵に快適に過ごせるこんなレイアウトも夢ではありません。

 

3-1.北欧風インテリアコーディネート

一人暮らし・ワンルームレイアウト間取り集!
「寝る」「食べる」「くつろぐ」の3つに分けて家具を選んで配置。わずか6畳にこれだけの家具が置けるコツはサイズ選びにあり!
一人暮らし・ワンルームレイアウト間取り集!by https://www.nissen.co.jp/

 

3-2.ナチュラルインテリアコーディネート

一人暮らし・ワンルームレイアウト間取り集!
白と淡い色でまとめるやさしい印象のナチュラルスタイル。木の素材感を活かした家具を中心にすると、シンプルながら味わい雰囲気になります。植物や雑貨づかいもポイント!
一人暮らし・ワンルームレイアウト間取り集!by http://www.nissen.co.jp/

 

3-3.ガーリーインテリアコーディネート

一人暮らし・ワンルームレイアウト間取り集!
花柄のファブリックと曲線を生かしたフォルムの家具を合わせたガーリースタイル。白を基調に、ピンクをプラスしてスイートに
一人暮らし・ワンルームレイアウト間取り集!by https://www.nissen.co.jp/

こんな素敵な1K・ワンルームのお部屋なら友達、彼氏を招きたくなります。お部屋に合わせたベッド選びと、収納で片付いたおしゃれな部屋で一人暮らしを過ごしたいですね。

ワンルームで荷物をスマートに片づけたい方はこちらの記事も参考にして下さい。

ワンルーム!収納不足解消コンパクトサイズのチェストベッドを選ぶワケ

2017.02.05

 

4.まとめ

一人暮らしをするならやっぱり素敵にお洒落な部屋にしたいですね。女性ならではの愛らしいコーディネイトやシンプルなお部屋など、自分らしさでコーディネイトして毎日過ごす部屋が心地よい、そんなお部屋が理想ですね。

家具、特にベッドは何度も買い替えることができません。買ってから後悔しないようによく考えてベッドを選びたいですね。憧れていた一人暮らしを理想の形で実現するには部屋選びと家具選びがとても重要です。よく考えてベッドを選んでください。

ベッドの通販ならこのショップがおすすめ!
ベッドの通販専門店セレクト.shop

このショップは豊富な商品在庫を取り揃えたベッドの専門店で選ぶのが楽しくなるショップです。ほとんどの商品が「送料無料」で高品質、低価格でよりよい商品をお客様にお届けするをコンセプトにしたお店です。